初心者のためのマサヤングギターレッスン

ギター初心者のためのマサヤングによる動画レッスンサイト

*

パワーコード意外と知られていない3つの形

      2016/02/02

エレキギターから始めた人はひょっとすると、いわゆる普通のコードよりパワーコードの方が身近な人もいるかもしれません。

一応、今回の記事はパワーコードの話ですが普通の開放弦を使ったCとかAmとか言ったコードも大事なのでしっかり覚えておきましょう!!

で、パワーコードですが理論的な話をするとrootと5thという音から出来ています。

rootっていうのはそのコードネームの大文字のアルファベットのところで一番低い音。

例えば、CのパワーコードならC=ドの音がrootになります。

そして、そこから数えて五番目の音が5thになります。

ドからだと、「ド、レ、ミ、ファ、ソ」でソの音です。

いわゆる普通のコードだと3rdという音も存在していて、この音によってメジャーコードやマイナーコードに分けられます。

パワーコードは3rdの音がないのでCのコードであろうがCmのコードであろうが押さえ方は同じです。

実はパワーコードにはあと2つ種類があります。

ほとんどのコードは先ほど説明した5th音が入っています。

ただm7-5(マイナーセブンスフラットファイブ)というコードとdim(ディミニッシュ)というコードは5thが半音低くなりパワーコードの形も変わります。

あと、C→G/B→Amなんてコード進行みたことないですか?

G/BはGonBとも書かれ分数コードやオンコードなんて言われます。

さきほどrootが一番低い音と説明しましたがこれらはGではなくBの音が一番低い音になります。

これをパワーコードで弾くと5弦2フレット(Bの音)、4弦5フレット(Gの音)となり、通常のパワーコードより幅が広がります。

動画の方でも詳しく紹介していますのでよかったらご覧ください。

 - ギターレッスン

更新情報などもツイートしています!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

We Are Never Ever Getting Back Together(テラスハウス主題歌)のアルペジオを弾こう!!

僕の実際のギターレッスンでは既存の曲を多くやります。 練習用に作られた曲よりはそ …

セーハする時に陥りやすい良いフォーム、悪いフォーム

ギターを独学で勉強しているとたまに変な癖が付いたまま上達してしまうことがあります …

アドリブを弾こうと思ったらスケール練習はしてはならない?

アドリブでギターソロを弾きたいと思った時、ほとんどの人がスケールを覚えようとして …

初心者のための作曲講座その5「コード進行にはよく使われるものがある」

前にTwitterでもつぶやいたのですが、 【今日の一言】 D→Bm→E …

スムーズなコードチェンジをする上で気を付けたいコツと練習方法(CからF編)

今回はコードチェンジのコツについてです。 ポイントはいくつかありますが、一番重要 …

アドリブ練習でコードトーンを追うことの目的について

色んな考え方がありますが、いわゆるアドリブソロはコードの音をしっかり拾ったフレー …

アドリブ初心者の方へ3音でブルースソロその2

3音からはじめるブルースアドリブソロ第2回目です。 今回は前回3音でコードを追っ …

ギターボサノバを その2「基本フレーズのベースラインを動かす」

今回はその1のリズムパターンのベースラインを動かします。 バンドのアンサンブルで …

右手ミュートを使ったよく使われる8ビートストローク

譜面に×印があったらミュートして弾きましょうということなのですが、一般的には左手 …

ギターが上達する人としない人の大きな違い

ギターを教えててすぐに上達する人となかなか上達しない人いろんな人を見てきました。 …