初心者のためのマサヤングギターレッスン

ギター初心者のためのマサヤングによる動画レッスンサイト

*

パワーコード意外と知られていない3つの形

      2016/02/02

エレキギターから始めた人はひょっとすると、いわゆる普通のコードよりパワーコードの方が身近な人もいるかもしれません。

一応、今回の記事はパワーコードの話ですが普通の開放弦を使ったCとかAmとか言ったコードも大事なのでしっかり覚えておきましょう!!

で、パワーコードですが理論的な話をするとrootと5thという音から出来ています。

rootっていうのはそのコードネームの大文字のアルファベットのところで一番低い音。

例えば、CのパワーコードならC=ドの音がrootになります。

そして、そこから数えて五番目の音が5thになります。

ドからだと、「ド、レ、ミ、ファ、ソ」でソの音です。

いわゆる普通のコードだと3rdという音も存在していて、この音によってメジャーコードやマイナーコードに分けられます。

パワーコードは3rdの音がないのでCのコードであろうがCmのコードであろうが押さえ方は同じです。

実はパワーコードにはあと2つ種類があります。

ほとんどのコードは先ほど説明した5th音が入っています。

ただm7-5(マイナーセブンスフラットファイブ)というコードとdim(ディミニッシュ)というコードは5thが半音低くなりパワーコードの形も変わります。

あと、C→G/B→Amなんてコード進行みたことないですか?

G/BはGonBとも書かれ分数コードやオンコードなんて言われます。

さきほどrootが一番低い音と説明しましたがこれらはGではなくBの音が一番低い音になります。

これをパワーコードで弾くと5弦2フレット(Bの音)、4弦5フレット(Gの音)となり、通常のパワーコードより幅が広がります。

動画の方でも詳しく紹介していますのでよかったらご覧ください。

 - ギターレッスン

更新情報などもツイートしています!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

使用頻度が高いストローク変則的な8ビート

このストロークは意外に使わるケースが多い気がします。 基本的にはエイトビートなの …

アルペジオを弾く時に注意すべきピッキングのポイント

アルペジオ弾くときピッキングのアップ、ダウンを適当に弾いていないでしょうか? ち …

弾き語りで使えるギター2本で弾く時のアレンジ方法

アコースティックギターを買ったらまずはコードを覚えて弾き語りをしたくなる方が多い …

ピエゾ臭さが一気に消える「AURA SPECTRUM DI」レビュー

今回も機材レビューです。 紹介するのはいわゆるダイレクト・ボックスです。 色んな …

リラックスして弾くためのピッキングの基礎

初心者の方がギターを弾いているとどうしても左手に意識が行きがちです。 でも、右利 …

jazzのアドリブソロを弾く前にしておきたいこと

メジャーマイナーのペンタトニックスケールでブルースが自由に弾けるようになってくる …

初心者のための作曲講座その4「メロディーが浮かばないスランプになった時」

曲を作り始めて、最初の数曲は意外にすんなり作れることが多いです。 これはいままで …

速弾きをするための右手と左手のコンビネーション

まず、速弾きをするために右手が早くピッキング出来ることが重要になってきます。 そ …

初心者でも弾ける簡単なコード進行フレーズ

いままでいくつか試奏で使えるフレーズシリーズを紹介してきましたが結構難易度が高い …

斉藤和義「歩いて帰ろう」を弾いてみよう!!

今回は斉藤和義の「歩いて帰ろう」を弾いてみましょう。 この曲で学んで欲しいことが …