初心者のためのマサヤングギターレッスン

ギター初心者のためのマサヤングによる動画レッスンサイト

*

パワーコード意外と知られていない3つの形

      2016/02/02

エレキギターから始めた人はひょっとすると、いわゆる普通のコードよりパワーコードの方が身近な人もいるかもしれません。

一応、今回の記事はパワーコードの話ですが普通の開放弦を使ったCとかAmとか言ったコードも大事なのでしっかり覚えておきましょう!!

で、パワーコードですが理論的な話をするとrootと5thという音から出来ています。

rootっていうのはそのコードネームの大文字のアルファベットのところで一番低い音。

例えば、CのパワーコードならC=ドの音がrootになります。

そして、そこから数えて五番目の音が5thになります。

ドからだと、「ド、レ、ミ、ファ、ソ」でソの音です。

いわゆる普通のコードだと3rdという音も存在していて、この音によってメジャーコードやマイナーコードに分けられます。

パワーコードは3rdの音がないのでCのコードであろうがCmのコードであろうが押さえ方は同じです。

実はパワーコードにはあと2つ種類があります。

ほとんどのコードは先ほど説明した5th音が入っています。

ただm7-5(マイナーセブンスフラットファイブ)というコードとdim(ディミニッシュ)というコードは5thが半音低くなりパワーコードの形も変わります。

あと、C→G/B→Amなんてコード進行みたことないですか?

G/BはGonBとも書かれ分数コードやオンコードなんて言われます。

さきほどrootが一番低い音と説明しましたがこれらはGではなくBの音が一番低い音になります。

これをパワーコードで弾くと5弦2フレット(Bの音)、4弦5フレット(Gの音)となり、通常のパワーコードより幅が広がります。

動画の方でも詳しく紹介していますのでよかったらご覧ください。

 - ギターレッスン

更新情報などもツイートしています!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

曲のコード進行を覚えるためのコツ

ギターを初めて間もない頃は、なかなか曲のコード進行って覚えにくですよね。 特にC …

効率よく耳コピをするためのオススメ練習方法

ギターで耳コピをしようと思った時、ほとんどの人がギターのフレーズであったりコード …

エレキギターを立って弾くための練習方法

基本的に家でエレキギターを弾く時は座って弾いている方が多いと思います。 地道に練 …

アドリブを弾こうと思ったらスケール練習はしてはならない?

アドリブでギターソロを弾きたいと思った時、ほとんどの人がスケールを覚えようとして …

良い音でカッティングを弾いてみよう(三連リズム編)

今回は三連カッティングについてです。 大きなリズムの問題として基本的にポピュラー …

弾き語りに使える「Let it go」のイントロを弾いてみよう!!

今回はアナと雪の女王の主題歌、「Let it go」のイントロをギターで弾いてみ …

使用頻度が高いストローク変則的な8ビート

このストロークは意外に使わるケースが多い気がします。 基本的にはエイトビートなの …

add9とsus4を使ってコードに動きを付けよう!

今回は、試奏なんかでサラッと弾けばカッコいいフレーズを紹介します。 add9とs …

アドリブ初心者の方へ3音でブルースソロその3

3音からはじめるブルースアドリブソロ、第3回目です。 今回はフレーズを弾く場所を …

良い音でカッティングを弾いてみよう(右手編)

カッティングをするときに一番重要なの音の長さのコントロールです。 伸ばす方なんと …