初心者のためのマサヤングギターレッスン

ギター初心者のためのマサヤングによる動画レッスンサイト

*

タブルストップ(6度)を使ったブルース風フレーズを弾いてみよう!

      2016/02/02

今回は覚えておくと試奏などで不意にギターを弾かないといけない時に役立つフレーズを紹介します。

ブルースのコード進行にのせて、ダブルストップで弾いて行きます。

ダブルストップというのは2音同時に弾いてハモらせながら弾くことをいいます。

今回のダブルストップは6度離れた音を弾いて行くものです。

6度というのはとてもキレイにハモります。

歌のメロディーをハモるとき「3度上で」とか聞いたことありませんか?

6度は低い方の音を1オクターブ上げると3度のハモリになるんです。

6度を使ったダブルストップは今回紹介するのだけでなくギターではよく弾かれます。

このフレーズで6度の指の形に慣れておくと必ずどこかで役に立ちます。

で、今回のフレーズですが、まずその小節のコードをジャッっと弾いて6度のダブルストップという流れになっています。

コードからダブルストップの切り替えが難しいのでしっかり練習してから試奏などに臨んで下さい。

いつも書いていますが難しければ、必ずゆっくりのテンポからやってください。

メトロノームなんかを使って一定のテンポで練習するのが上達のコツです。

動画では実際のフレーズやブルースのコード進行などについても説明しています。

是非ともご覧ください。

 - ギターレッスン

更新情報などもツイートしています!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

onコード、分数コードは実は2つしか種類がない

実はonコード、分数コードは2つしか種類がないんです。 一つがコードの構成音がo …

ピックの持ち方は弾く内容でかえるべし!!

普段、ギターを弾くときなんとなくピックを持っていませんか? 例えば、あるフレーズ …

ダイレクトモードを使えばアンプ無しでもライブが出来るマルチエフェクターG2.1nu G3X

今回はZOOMのマルチエフェクターについてです。 このエフェクターをマルチなだけ …

ピエゾ臭さが一気に消える「AURA SPECTRUM DI」レビュー

今回も機材レビューです。 紹介するのはいわゆるダイレクト・ボックスです。 色んな …

単音カッティングの練習に最適なレッチリの「Can’t stop」を弾いてみよう

ギターを始めた頃は歪んだ音でパワーコードでジャカジャカ弾くスタイルから始める人が …

ガットギターでボサノバ風フレーズを弾いてみよう

今回の試奏で使えるフレーズはガットギター編(ボサノバ)です。 いわゆる定番で良く …

右手ミュートを使ったよく使われる8ビートストローク

譜面に×印があったらミュートして弾きましょうということなのですが、一般的には左手 …

初心者のための作曲講座その1「作曲というとなぜ難しいと思ってしまうのか」

いざ、ギター構えて作曲しようとするとなかなかメロディーが出てこないと思います。 …

基本的な16ビートのストロークを弾いてみよう!!

今回は弾き語りなんかでよく使われる16ビートのストロークを紹介していきます。 ま …

耳コピでコードが分かるようになるための訓練方法

僕はもともと音感がそんなに良い方ではありませんでした。 なのでコードを耳コピなん …