初心者のためのマサヤングギターレッスン

ギター初心者のためのマサヤングによる動画レッスンサイト

*

単音カッティングの練習に最適なレッチリの「Can’t stop」を弾いてみよう

      2016/02/02

ギターを始めた頃は歪んだ音でパワーコードでジャカジャカ弾くスタイルから始める人が多いです。

でも、音楽を続けていると耳も良くなっていろんな楽器に隠れて弾かれていたクリーンなトーンのカッティングを弾きたくなってきます。

カッティングはある程度ギターを弾いているとやってみたいテクニックなのです。

でも、実際に弾いてみると歪んだパワーコードとは違って、リズムの出し方や、右手の振り、ミュートなどやってみると結構難しいことに気付きます。

そのカッティングの中でも特に難しいのが単音カッティング。

複数の弦にピックを当てながらも出てくる音は1つという弾き方です。

キレイに弾くためには左手のミュートの技量が問われます。

ミュートは弦を押さえるのではなく触るというのがポイントです。

最初はかなり意識しながらゆっくり弾いていかないと余計な音が出てしまいます。

しかし、何度も練習しているとしだいに指が感覚を覚えていき、ある日無意識に出来るようになります。

そうなったらしめたものです。

そんな単音カッティング、今回紹介するレッチリの「Can’t stop」はよい練習曲になります。

動画内で弾き方を説明してます。

左手のミュートに気を付けて是非ともチャレンジしてみてください。

 - ギターレッスン

更新情報などもツイートしています!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Comment

  1. モーリス より:

    難しいっすね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

初心者のための作曲講座その3「コード進行にメロディーを付けてみよう」

動画の中ではC→Am→F→GとF→Am→G→Cというコード進行にメロディーを付け …

小指を鍛える特訓フレーズ 「コードにハンマリング、プリング編」

毎日弾きたいフレーズ、デイリートレーニングフレーズです。 今回は小指を鍛えるフレ …

jazzのアドリブソロを弾く前にしておきたいこと

メジャーマイナーのペンタトニックスケールでブルースが自由に弾けるようになってくる …

メジャーセブンスのコードで使えるオシャレなカッティング

ただコードをチャカツクするカッティングにも慣れてきたら、装飾音を入れてみましょう …

左手の指が自由自在に動くようになる練習フレーズ

ピアノやバイオリンなどの歴史の長い楽器は運指練習のための練習フレーズが用意されて …

アドリブ初心者の方へ3音でブルースソロその3

3音からはじめるブルースアドリブソロ、第3回目です。 今回はフレーズを弾く場所を …

コードの装飾音で小指を鍛える練習フレーズ

左手の指の中で、どうしても動きにくいのが小指です。 もちろん、小指を単体で動かす …

最短距離でギターを上達するために覚えておきたい3つのこと

何事もある程度のレベルまでに行くための最短ルートがあります。 最短ルートを行けば …

基本的な16ビートのストロークを弾いてみよう!!

今回は弾き語りなんかでよく使われる16ビートのストロークを紹介していきます。 ま …

8分音符の裏でメトロノームを鳴らしてリズム感を鍛えよう

前回は2拍目と4拍目で鳴らしました。 2拍4拍でメトロノームを感じてリズム感をア …