初心者のためのマサヤングギターレッスン

ギター初心者のためのマサヤングによる動画レッスンサイト

*

単音カッティングの練習に最適なレッチリの「Can’t stop」を弾いてみよう

      2016/02/02

ギターを始めた頃は歪んだ音でパワーコードでジャカジャカ弾くスタイルから始める人が多いです。

でも、音楽を続けていると耳も良くなっていろんな楽器に隠れて弾かれていたクリーンなトーンのカッティングを弾きたくなってきます。

カッティングはある程度ギターを弾いているとやってみたいテクニックなのです。

でも、実際に弾いてみると歪んだパワーコードとは違って、リズムの出し方や、右手の振り、ミュートなどやってみると結構難しいことに気付きます。

そのカッティングの中でも特に難しいのが単音カッティング。

複数の弦にピックを当てながらも出てくる音は1つという弾き方です。

キレイに弾くためには左手のミュートの技量が問われます。

ミュートは弦を押さえるのではなく触るというのがポイントです。

最初はかなり意識しながらゆっくり弾いていかないと余計な音が出てしまいます。

しかし、何度も練習しているとしだいに指が感覚を覚えていき、ある日無意識に出来るようになります。

そうなったらしめたものです。

そんな単音カッティング、今回紹介するレッチリの「Can’t stop」はよい練習曲になります。

動画内で弾き方を説明してます。

左手のミュートに気を付けて是非ともチャレンジしてみてください。

 - ギターレッスン

更新情報などもツイートしています!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Comment

  1. モーリス より:

    難しいっすね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

曲のコード進行を覚えるためのコツ

ギターを初めて間もない頃は、なかなか曲のコード進行って覚えにくですよね。 特にC …

斉藤和義「歩いて帰ろう」を弾いてみよう!!

今回は斉藤和義の「歩いて帰ろう」を弾いてみましょう。 この曲で学んで欲しいことが …

ギター初心者は弾き語りからはじめるべし!!

ギターを買ってまず何から練習したらよいか困っている人って結構いるんじゃないかなと …

コード進行をオシャレにするテクニック

ドミナントってご存じですか? Key=Cで言うところのGに当たるコードです。 一 …

右手ミュートを使ったよく使われる8ビートストローク

譜面に×印があったらミュートして弾きましょうということなのですが、一般的には左手 …

CからGへコードチェンジするときの気を付けたいポイント

前回の記事ではCとGのコードを押えてみました。 今回はその2つのコードをリズムに …

弾き語りに使える「Let it go」のイントロを弾いてみよう!!

今回はアナと雪の女王の主題歌、「Let it go」のイントロをギターで弾いてみ …

とにかくセッションをしてみよう!!

普段のギターの練習は1人ですることが圧倒的に多いと思います。 何かと1人でやって …

良い音でカッティングを弾いてみよう(三連リズム編)

今回は三連カッティングについてです。 大きなリズムの問題として基本的にポピュラー …

耳コピでコードが分かるようになるための訓練方法

僕はもともと音感がそんなに良い方ではありませんでした。 なのでコードを耳コピなん …