初心者のためのマサヤングギターレッスン

ギター初心者のためのマサヤングによる動画レッスンサイト

*

基本的な16ビートのストロークを弾いてみよう!!

      2014/10/17

今回は弾き語りなんかでよく使われる16ビートのストロークを紹介していきます。

まず、注意することは8ビートと比べると右手の振りが2倍になっています。

4分音符を弾くときなどに右手の振りが止まっている場合があります。

8分音符の裏の所でしっかりダウンピッキングの空振りをしていることを確認してみてください。

あとは、エイトビートの時と同じく右手の振りは一定で、ピックを空振りするところと弦に当てるところでリズムのバリエーションを作っていきます。

まずは、この動画で紹介しているリズムが弾けるように練習してみてください。

では、どうぞ!!

 - ギターレッスン

更新情報などもツイートしています!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ギターでボサノバを その1「ボサノバの基本フレーズ」

ボサノバという音楽ジャンルをご存知でしょうか? 一般に言われているのがJAZZの …

ピックを捨てて指で弾いてみよう!!

僕はある時までずっとエレキギターを弾いていたのでピックが無いとギターが弾けません …

斉藤和義「歩いて帰ろう」を弾いてみよう!!

今回は斉藤和義の「歩いて帰ろう」を弾いてみましょう。 この曲で学んで欲しいことが …

エアロスミスのWalk This Wayを10年以上違うポジションで弾いていた!!

ギターという楽器は同じ音を違うポジションで出すことが出来ます。 結構、ギターソロ …

カッティングが好きな人こそ低音弦を刻むピッキングを鍛えよう!

好きなジャンルによってはカッティングがメインになってしまい、いわゆるズクズクと低 …

ギターを弾く上で音楽理論は必要か?

「ギターもしくは音楽なんて感覚だ!」って言われる方もいるでしょう。 こういう風に …

ギターを弾く時に間違えやすい左手フォームのポイント

コードなりフレーズなりでなんか弾きにくいなと思った場合、まずチェックするポイント …

弾き語りに使える「Let it go」のイントロを弾いてみよう!!

今回はアナと雪の女王の主題歌、「Let it go」のイントロをギターで弾いてみ …

jazzのアドリブソロを弾く前にしておきたいこと

メジャーマイナーのペンタトニックスケールでブルースが自由に弾けるようになってくる …

コードの装飾音で小指を鍛える練習フレーズ

左手の指の中で、どうしても動きにくいのが小指です。 もちろん、小指を単体で動かす …