初心者のためのマサヤングギターレッスン

ギター初心者のためのマサヤングによる動画レッスンサイト

*

We Are Never Ever Getting Back Together(テラスハウス主題歌)のアルペジオを弾こう!!

      2016/02/02

僕の実際のギターレッスンでは既存の曲を多くやります。

練習用に作られた曲よりはその方がやっぱり楽しいですよね。

でも、アルペジオでよい練習曲って少ないんです。

日本の昔のフォークの曲なんかはアルペジオの練習として良い曲も多いですが自分もよく知っている最近の曲の方がやる気も出ます。

今回、紹介するTaylor SwiftのWe Are Never Ever Getting Back Together(テラスハウス主題歌)はすごく良いです。

何が良いかと言うと、まず有名ってところ。そしてアルペジオの難易度が弾けないほど難しくもないし、かと言ってすぐ弾けるほど簡単でもないことが。

アルペジオの難しい所はピッキングだと思います。最初はどうしても狙った弦を弾けなかったりします。

とにかく動画で説明しているアップダウンの順番でまずはゆっくりのテンポから練習してみてください。

あと結構、コードチェンジが2拍で変わり、早いので指が覚えるまでは苦労するかもしれません。

でも、使うコードは開放弦を含む、Cadd9、G、Dsus4、Emなので押さえやすいですし、ストロークになってからもコード進行はほとんど変わらないのでアルペジオが出来たら一曲弾けたも同然です。

憧れのこの曲が弾けると感動すると思います。

是非とも、動画を見て練習してみてください。

 - ギターレッスン

更新情報などもツイートしています!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

耳コピを初めようと思った時、なにからするべきか

スコアを見て曲をコピーするのがだいぶ出来てきたら、次は耳コピにステップアップした …

ギターでボサノバを その1「ボサノバの基本フレーズ」

ボサノバという音楽ジャンルをご存知でしょうか? 一般に言われているのがJAZZの …

タブルストップ(6度)を使ったブルース風フレーズを弾いてみよう!

今回は覚えておくと試奏などで不意にギターを弾かないといけない時に役立つフレーズを …

ギタリストなら一家に一台欲しい「Micro-CUBE」レビュー

我が家ではエレキギターのアンプは今回紹介するRolandマイクロキューブしか持っ …

ギターを弾く時に間違えやすい左手フォームのポイント

コードなりフレーズなりでなんか弾きにくいなと思った場合、まずチェックするポイント …

スティービーレイヴォーンが弾いてるようなブルースのバッキングフレーズを弾いてみよう

スティービーレイヴォーンはEのブルースの時に開放弦を使った面白いカッティングフレ …

良い音でカッティングを弾いてみよう(三連リズム編)

今回は三連カッティングについてです。 大きなリズムの問題として基本的にポピュラー …

アドリブ初心者の方へ3音でブルースソロその2

3音からはじめるブルースアドリブソロ第2回目です。 今回は前回3音でコードを追っ …

add9とsus4を使ってコードに動きを付けよう!

今回は、試奏なんかでサラッと弾けばカッコいいフレーズを紹介します。 add9とs …

スムーズなコードチェンジをする上で気を付けたいコツと練習方法(CからF編)

今回はコードチェンジのコツについてです。 ポイントはいくつかありますが、一番重要 …