初心者のためのマサヤングギターレッスン

ギター初心者のためのマサヤングによる動画レッスンサイト

*

スティービーレイヴォーンが弾いてるようなブルースのバッキングフレーズを弾いてみよう

      2016/02/02

スティービーレイヴォーンはEのブルースの時に開放弦を使った面白いカッティングフレーズ弾きます。

コードの部分が1.2.3弦の開放弦になっているのですがE7の時は3弦から#9th、5th、root、A7の時はm7th、9th、5thというテンションになります。

おそらく本人はそこまで深く考えずに弾いてそうですが理論的にもバッチリあっています。

開放弦がコードになるのでベース音はダイナミックに動かせます。

ただ、このフレーズはベース音が単音カッティング状態になるのでミュートがすごく難しい。

それとコードも開放弦なのでしっかりミュートしないと歯切れの悪いカッティングフレーズになってしまいます。

一音一音余計な音が出てないか確認しながら練習してみてください。

このカッティングフレーズは結構、派手な感じなので試奏なんかで弾くとお店の中が「おっ!」ってなるかもです。

コードとベース音のミュートでなかなか最初はリズムに乗って弾けないと思いますが、ゆっくりのテンポからメトロノームを使って練習すれば必ず出来るようになるので挑戦してみてください。

フレーズの詳細はこちらから。
タブ譜→http://goo.gl/p9kkqF

動画ではさらに細かく説明していますので是非とも参考にしてみてください。

 - ギターレッスン

更新情報などもツイートしています!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

カッティングでよく出てくる9thコードを楽に押さえよう

ギターのカッティングで弾くコードといえば9thコードが真っ先に思いつくでしょう。 …

jazzのアドリブソロを弾く前にしておきたいこと

メジャーマイナーのペンタトニックスケールでブルースが自由に弾けるようになってくる …

onコード、分数コードは実は2つしか種類がない

実はonコード、分数コードは2つしか種類がないんです。 一つがコードの構成音がo …

コードの装飾音で小指を鍛える練習フレーズ

左手の指の中で、どうしても動きにくいのが小指です。 もちろん、小指を単体で動かす …

左手と右手を自由に動かすための特訓フレーズ「クロマチック編」

毎日弾きたいデイリートレーニングフレーズです。 今回はいわゆるクロマチックの練習 …

ギターを演奏する上でとっても大事なピックのお話

ギターを始めた頃って色んなピックを片っ端から試しますよね。 僕も高校生の時は速弾 …

テンションの付いたお洒落なコードを弾いてみよう!

今回はいつもシンプルなコードばかり弾いている方に是非とも弾いてもらいたいコードで …

フィンガーピッキングでピアノ風のフレーズを弾いてみよう!!

指で弾いてみるシリーズの最後です。 今までは基本的にアルペジオを弾いてきました。 …

アドリブ初心者の方へ3音でブルースソロその3

3音からはじめるブルースアドリブソロ、第3回目です。 今回はフレーズを弾く場所を …

初心者のための作曲講座その6「曲を聴いただけでコード進行がわかる」

僕は曲を聴いただけでコード進行が分かる人は和音が一音づつバラバラに聞こえているも …